【Uber Eats(ウーバーイーツ)配達】現金払いの際にあると便利なアイテム〜後編〜

f:id:riohigooch:20190626194842j:plain
現金払いの際にあると便利なアイテム後編です。

前編の「Uber Eats(ウーバーイーツ) 配達の現金払いであると便利なアイテム5選〜これだけ持っておくと大丈夫〜」では配達稼働中にあると便利なアイテムを紹介しました。

 

 

後編では配達稼働外、つまり配達前や配達後にあると便利なアイテムを紹介していきます。

 

1. 小型の金庫

現金払いを受け付けると、自分が配達で得た収入以上にお金が手元へ入ってきます。

現金払いにて得た差額分は、後々Uberへ返金しなければならないのでしっかりと管理しておく必要があります。

筆者は誘惑に弱い畜生なので、金を見るだけで使いたくなってしまいます。なので「これは仕事用の金」と暗示をかけんばかりに回収したお金は金庫にブチ込んでいます。

 

金庫を選ぶ時は以下の点に注意しておきましょう。

  • お札も収納ができる
  • 領収書もまとめて収納できる(配達パートナーは個人事業主であるため領収書も管理しておきましょう)

2.硬貨毎のコインケース

一方で、金庫の代わりになりそうな箱が自宅にあるなら、金庫を買うのではなく、硬貨ごとに収納できるケースを持っておくと良いでしょう。

 

3. クレジットカード、デビットカード

現金払いを受け付けると、報酬分より多くの金額を得ることが頻繁におきます。

 

以下の写真の現在の残高を見ると、-4,405円となっていることがわかります。

詳しいシステムはちょっと分かり兼ねますが、マイナス分の差額は基本的にクレジット引き落としをすることで残高のバランスを取ります。

f:id:riohigooch:20190421104312p:plain

この際に通常のクレジットカードだと、上限が10万程度なのですが、普段からクレジットカードを使用する人であればすぐにカードの上限に達してしまう恐れがあります。(僕は上限に達してカードきれなくなったことがあります)

 

これに対してデビットカードだと、現金支払いにて生じた差額分を銀行に預け入れしておけばリアルタイムで差額が引かれるので上限に困ることもありません。差額分はまとめて一週間ごとに銀行へ預け入れする習慣をつけましょう。

 

ただし、登録カード会社は限りがあるので注意が必要です。概ね大手の銀行会社(三井住友・UFJ等)は登録することができるものの、ネット銀行(SBI・楽天銀行・ジャパンネット銀行)は登録することができません。

また、みずほ銀行も振込の反映が遅かったりするらしく、あまり推奨されていません。

 

現金払いでデビットカードを用いる際は、三井住友銀行やUFJ銀行を利用しましょう。

 

3.総まとめ

以上が現金支払いを受け付けた際にあると便利なアイテムでした。

前編との内容をまとめると以下になります。

 

稼働時に揃えるもの〜前編〜

 1.お釣りを渡すようの小銭ケース

 2.小銭を回収する専用の小銭入れ

 3.お札専用の財布

 4.小さい電卓

 5.物品をしまうウエストポーチor斜めがけカバン

 

稼働以外で揃えるもの〜後編〜

 1. お金管理ボックス

 2. コインケース

 3. デビットカード

 4.ネット銀行は使えない。また、みずほ銀行は推奨されない。 

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

電子上の取引が主なUber Eats(ウーバーイーツ)で、物理的な金銭取引を行うことは少々面倒ですが、慣れてくると効率化されること間違いなしです。頑張って稼いで行きましょう!

 

現金払いについてもっと詳しく知る

www.higooch.com

 

www.higooch.com