黒板シートのDIY 壁に貼って剥がせるシート貼ってみた インテリア

f:id:riohigooch:20190627191047j:plain

キーワード:黒板シート・壁紙・インテリア

 

自分のお部屋やお家をオシャレにDIYしたいと思っている方はかなりいらっしゃると思います。

特に壁に絵や文字がかける部屋ってすごい憧れますよね!

 

 

 

いや、、古代から人類は壁面に文字や絵を書いてきた。もしかすると人は壁に何かを書かずにはいられない生物なのかもしれない。。何かを壁に書くというのは人間の生理欲求なのでしょうか???

 

そんなことどうでも良いのですが、筆者はそんな壁に書き込みができる部屋に憧れを抱いていました。

ホワイトボードとか黒板って部屋に置いてあるだけでなんか賢くなれそうな雰囲気でませんか???(稚拙)

 

そんな浅はかな筆者は大学院時代にルームシェアしていた頃、自分の部屋の壁に黒板シートを貼ってみました。

 

 

 

貼ってみると、それはそれは思った以上の素晴らしさに感極まったので、今回の記事では、筆者が使っていた黒板シートを紹介したいと思います。

  

 

 

黒板シートを貼ろう

 黒板シートを探す

小さいシートなら100均ショップに良く売っているのですが、筆者は大きいのが欲しかったので、ネット通販で探しました。

ネット通販には、いろんなサイズがあるので、購入する際は十分に注意しましょう。

ちなみに筆者は120cm×200cmという極大サイズを購入しました。

リンクに貼ってあるのは、90cm×200cmのシートです。

 

 

あと黒板シートを購入するなら、もちろんチョークと黒板消しも必要となりますね!

あるいはホワイトボードなら、クリーナーとマーカーが必要となります。

 

ちなみに何ですが、黒板の文字を消す際、チョークの粉が落ちるの気になる人がいらっしゃると思いましが、あれは黒板消しについた粉を綺麗にしておけば、床に粉が落ちることはありません。粉が落ちるのは、チョークでなく、黒板消しの状態に原因があるのです。

 

それでも粉が気になるという方は、日本理化学工業のダストレスチョークと黒板消しがオススメです。というか黒板消しとチョークはこの日本理化学工業の物がダントツで質が良い&安価です。学校にある黒板消しの新品で、謎の安心感を覚えます。

安い黒板消しとチョークだと粉がどうしても落ちやすいので、この学校で使われているガチの奴が一番良いです。わりと値段も安いのでお買い得だと思います。

 

↓通販で探す↓

 

貼り付け作業の所要時間

貼り付けに関しましては、同居人である大学院の先輩に手伝ってもらったものの、2時間はかかったと思います。シートが大きかった分貼るのも単純に時間がかかりました。

 

貼る時は、なるべく空気が入らないように貼っていきましょう。定規みたいなアイテムがあれば、少々作業が楽になるはずです。

 

 

貼ってる途中の画像は撮るの忘れてました。てへ。

多分、結構しんどくて最後の方は余裕無くなってた。

 

 

筆者の家の黒板シート

筆者が実際に貼ってた黒板シートは、以下のような感じでした。

見ればわかると思いますが、これクローゼットに貼ってます

黒板シートを貼る時の条件は、壁がザラザラしていないことである上、できるだけ大きい黒板を作りたかったので、クローゼットという奇抜なポジショニングをしてしまいましたが、めちゃめちゃ満足のいく結果でした。

 

これクローゼットの目に合わせて黒板シートを裁断してあるのですが、クローゼットを閉めている時もそんなに隙間が気になることもありませんでした。

 

サイズは横が150cmで縦が130cm程度のかなり大きな黒板が出来上がりました。 

f:id:riohigooch:20190527023702j:plain

f:id:riohigooch:20190527023920j:plain

 

黒板に色々書いてみた

筆者はこの黒板で自分の思いついた問題提起についてまとめてみたり、やることリスト書いたり、知人と議論する時に使ったりしてました。

ちなみに書き心地はクローゼットという壁がよかったのか、ほんとに普通の黒板みたいでした。

 

以下の写真は、知人や同居人の三人で哲学の話している時に「思考が思考となりうる過程を数式で表すことができるのか」みたいな話題が出てきてみんなで議論した時の板書です。

 

ルネ・デカルトやらアンリ・ベルクソンの心身二元論をベースに色々こねたのですが、結論は「全部解明するにはあと10年くらいかかりそう」で幕を閉じました。チャンチャン。

 

朝の五時くらいまでしてて睡魔が割とピークだったのと、我々、社会科学系の人間は未だ数式にアレルギー反応を起こしてしまい、数学と論理学の勉強もっとしないとねぇって感じ終わりました笑。

 

でもこんな楽しい議論ができるのもこの黒板のおかげ。

f:id:riohigooch:20190528140206j:plain

 

f:id:riohigooch:20190528140512j:plain

 

 

次の写真は筆者の大学院の研究の際に考え事していた内容を書いたもの。

なんか頭の中覗かれてそうで恥ずかしくなってきた///

 

f:id:riohigooch:20190528141047j:plain

 

この黒板シートは疑いの余地なく、筆者の大学院生活に彩りをもたらしてくれましたね。間違いない。

 

あと、なんか何を書いてもめっちゃ映える笑。

 

黒板に書いている内容ほとんどが学問とか議論の内容なのですが、

一回知ってる単語合わせただけのフランス語とか一般相対性理論の数式(文脈的関係性は皆無)を書いてオシャレにしてインスタグラムにでもアップしてやろうと思ったんですが、

なぜだろう、、、その写真が無ぇ。。。

多分オシャレ番長すぎて消してしまったのだと思います(吐血)。

  

まとめ 

 以上が筆者の黒板シート紹介でした。こんな風に黒板シート使ってるよと読者さんの参考になればと思い記事を書いてみました。

 

内容をまとめると以下のようになります。

・壁面の記述は人類の生理的欲求 (笑)

・黒板シートは色々なサイズが売っている。買う前にどのサイズが良いのか考える

・チョークの粉は黒板消しを綺麗にしていれば床に落ちない。

・日本理化学工業の黒板消しとチョークは安価で質が良い

・大学院生活を彩ってくれる(筆者限定)

・黒板は何書いても大体映える

 

是非とも、みなさん黒板シートを使って楽しく人類の生理欲求を満たして下さい(ゲス顔)!!

 ではまた。