Uber Eats(ウーバーイーツ) 配達〜自転車での配達距離走は何キロか

キーワード:Uber Eats(ウーバーイーツ)・配達パートナー・自転車・配達距離

f:id:riohigooch:20190626191143j:plain

副業として最近有名になっているUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは、お金稼ぎはもちろんですが、自転車での配達に関してはすごくいい運動にもなります。

 

 

 

運動したいけど、気が進まないという方は、お金を貰いながら運動不足が解消できるUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーに是非とも登録してみて下さい。

 

www.higooch.com

 

 

今回は、配達パートナーである筆者が実際にどれくらい自転車を漕いでいるのかをみていきましょう。 

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

1. 三日間の合計走行距離

以下の表は、筆者の配達初日から三日間の走行距離をまとめたものです。

 

備考として三日とも概ね三時間稼働をした際のデータとなっています。

また、登録してすぐの稼働なためブーストは反映されておらず、目安として報酬を1時間あたりで換算すると良くて800円くらいとなっています。

(配達パートナーは雇用関係における従業員ではなく、個人事業主であるため、固定給でなく報酬として収入が入ります。また、得れる報酬は、時間、地域、プロモーションによって異なります。)

 

 

 

また、稼働地域は大阪です。報酬は稼働地域に異なるので参考の目安としてご覧ください。

 

では、それぞれ詳細を見ていきましょう。 

      f:id:riohigooch:20190411154252p:plain
 

2. 各日の詳細

 2.1. day1 

稼働時間:12:00~13:00・17:00~18:30 

獲得報酬:1965円

配達回数:6回(ダブルプック+2)

走行距離:16.67km

 

 開始初日だったので、「配達パートナーとはどんなもんや」という軽い気持ちでお昼と夕方に様子見で稼働しました。

まぁ初めはこんなもんかなって感じでした。(語彙力。大したコメントなくてすいません)

 

ただ、マンションのロビーの位置がわからなかったり、きつい登り坂を通ったりしていたので数字よりも気持ちしんどかった印象を得ました。

 

 2.2. day2

稼働時間:21:10~24:10

獲得報酬:2577円

配達回数:7回(ダブルピック+2)

走行距離:26.7km

 

二件目の9.54kmは、松屋町でダブルピックしたラーメンを届けたのですが、ドロップする場所が立売堀・天王寺と全く真逆だったので往復してこの距離になりました。

 

ダブルピックは基本的に近場に設定されると言われていますが、配達パートナーが不足している日などは、このような現象が起こってしまうのだろうと考えます。

 2.3. day3

稼働時間:18:20~22:30

獲得報酬:2518円

配達回数:9回

走行距離:25.46km

備考:天候がやや雨

   クエスト報酬1080円追加で合計3598円

 

この日は雨だったこともあり、注文が安定していました。そして雨の日は皆さん「お外なんて御免!」と言わんばかりお店から近場の場所への配達が増える印象を受けましたね。

なので、注文数は二日目と比較して多いにも拘らず、走行距離は短いものとなりました。

 2.4. システム管理外の走行距離

上記の表による走行距離は、配達商品をピックしてからお客さんにドロップするまでのものとなっています。つまり、オーダーが入ってから、お店に向かうまでの距離や帰宅までの距離等は含まれていません。

なので、データに残っていないので具体的な数字は言及できませんが、実際はもう少し多くの距離を走っていることを考慮に入れなければなりません。

 

筆者のお家は、大阪の堀江にあるので最後の配達が天王寺付近だと、帰り3キロ程分を加えてみる必要があります。

 3. まとめ

以上が筆者の配達における実際の走行距離まとめでした。

 

 

 

コンスタントに注文が入れば概ね走行距離は、3時間で概ね25kmほどといったところでしょうか。

 

 

25kmは正直なところ初めはしんどいと感じる人も多いと思うので1日2時間で十分な運動になると思います。

 

 

 

実際注文が多い日や少ない日、平日や休日の走行距離の違いは今回考慮していないのでデータが集まってきたら改めて走行距離をまとめて行きたいと思います。

 

今後も走行距離やどこからどこまでのオーダーがあったのかなどのデータをまとめようと思っているので、是非ご覧ください。

 

 

以上が、実際に配達で走る走行距離でした。

それなりにn値が集まったら統計の勉強がてら分析してみたいな〜。でもいつになるかな〜。

 

ではまた。

 

 

 

Uber Eats配達パートナーについてもっと知る 

≫Uber Eats配達パートナーになる

 

≫Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの登録方法

 

≫Uber Eats(ウーバーイーツ) 配達パートナーになってから習慣づいたこと

 

【a】Uber Eats 配達パートナー募集